夢蛍たぶがわ2016

港町の印象が強い枕崎ですが、実は温暖な気候を活かした農業も盛んです
市内の東部に位置する別府地区からお隣南九州市にかけては
一面のお茶畑が広がります

DSC_2422

その他、照明を使って開花の時期を調整する電照菊や
みかん・たんかんなどの柑橘類や人参栽培も行われています

山手には日本の原風家とも言える里山の風景も存在し
そのひとつに
田布川地区があげられます
DSCF1321
集落内に点在する田畑、水神様を祀った湧き水など
豊かな自然の中、かつて夏の夜には蛍が飛ぶ姿も見られたようです
しかし、現代では環境の変化により、ほとんどその姿見ることが出来なくなってしまいました

そんな田布川地区に蛍の姿を復活させようと有志が集まり
「夢蛍たぶがわ2016」が結成されました
IMG_3221

市の環境保全促進運動の一環で小川(ビオトープ)を造成し
蛍養殖の餌となるカワニナの養殖や植栽などの環境整備に着手しています。
10月2日の午後、「夢蛍たぶがわ2016」のメンバーと、金山地区の子供たちが集まり
メダカとカワニナの放流が行われました

IMG_3232

IMG_3235

 

 

 

 

 

「静寂(しじま)なる 川面に火垂る 蒼き満月(つき)」

ビオトープに設置された看板に表記された「夢蛍たぶがわ2016」代表者の詠んだ句です
かつて目にし、今も色あせないふる里の風景なのでしょう
ひとりひとり、ふる里の景色は異なるにもかかわらず
そこに馳せる思いは同じなのだと、心に響くものがありました
美しく、自然豊かで、人々が睦みあう、そんな枕崎を次世代に残したいものです

さて、「夢蛍たぶがわ2016」では
一緒に蛍の保全活動に取り組んでくださる賛助会員を募集しています!
会費制ではなく、Tシャツの購入をお願いしております

img001 IMG_3247

 

 

 

 

 

老若男女問わず、お気軽にご参加下さい!ご連絡をお待ちしております(^◇^)

お問合せ ㈱輝楽里たぶがわ(木・日定休)
Tel 0993-78-4337


投稿者 枕崎市観光協会

ページトップへ