市指定文化財「喜入氏累代の墓」

その他の場所

市指定文化財「喜入氏累代の墓」:写真1

喜入氏累代の墓

鹿籠の領主であった喜入氏累代の墓。天正6(1578)年、鹿籠の領主となった喜入五代季久から、明治2年版籍を奉還した十九代久博までの墓所。ただし、永吉に移封された六代久道は、永吉で死去したために墓所は永吉にあり、北郷氏(薩摩郡)を継いで途中転出した九代忠長の墓は、この墓地にありません。


 


参考資料「喜入氏累代の墓を探る」(PDF)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ