鹿児島水産高校が料理コンテストでグランプリを獲得

投稿者 枕崎市観光協会

第6回オレンジページ×味の素KK『ジュニア料理選手権』の団体部門で、鹿児島水産高校食品工学科コンカツ隊5名が開発した「カツオdeがね? 茶飯どんぶり~3種のソース添え~」が、グランプリに輝きました。


<レシピのポイント>
鹿児島ではお茶請けとして食べることが多く、ほんのり甘い郷土料理の”がね(さつまいものかき揚げ)”を、おかずとして味わえるよう丼に。がねは地元枕崎市の特産品であるカツオと、交流のある稚内市の特産品であるじゃがいもをメインに作り、丼のご飯は枕崎茶で炊き、ほんのり香るお茶ががねとの相性抜群。


また、味を変えて楽しめるように、3種類のソースを添える。


さらに、シメとしてかつお節と昆布の混合だしで茶漬けとしても食べられるように。


※詳細については、広報まくらざき12月号に掲載中です。


 


https://www.city.makurazaki.lg.jp/uploaded/attachment/6106.pdf


ページトップへ