かごしま黒豚発祥の地の豚『鹿籠豚』

その他の店

かごしま黒豚発祥の地の豚『鹿籠豚』:写真1
かごしま黒豚発祥の地の豚『鹿籠豚』:写真2
かごしま黒豚発祥の地の豚『鹿籠豚』:写真3

幻の黒豚 鹿籠豚

最新情報

鹿籠豚のおいしさは、

・肉の繊維が細いので食べた時に歯切れがよく、柔らかい食感。

・脂肪やコレステロールが少なく、ビタミンB1は牛肉や鶏肉よりも10倍も多く、必須アミノ酸も豊富。

・脂肪の解ける温度が高いので、脂がべとつかず、サッパリ。

・脂肪部分にも十分な旨味があり、食感も赤身と同じです。

 

鹿籠豚の料理お取扱店は、

魚処 まんぼう(℡0993-72-0114)

だいとく(0993-72-0357)

あじひろ(0993-72-3432)

味処 一福(0993-72-3347)

魚処 なにわ(0993-72-0481)

すし匠 五条(0993-72-8089)

等々…

 

明治の初め頃から、飼料が豊富(魚の廃棄物やさつまいもの絞り粕)で温暖だった枕崎では養豚が盛んに行われていました。

明治43年園田兵助翁により輸入された英国バークシャー種(黒豚)は、枕崎に根付き、戦後を生き抜き、昭和24年ごろから東京に出荷され、そのうまさと肉質の良さから、瞬く間に大評判になりました。

貨車に鹿籠駅の車票がついていたことから、自然に「鹿籠豚」と呼ばれるようになりました。全国初のブランド豚の誕生と、かごしま黒豚第一次ブームのさきがけとなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ